書籍・雑誌

2011年10月12日 (水)

読書の秋

 今日のテーマもココログのコネタマから選びます。 今回は「今読んでいる本は何?」にしました。 前にも書きましたが私は一時ゲームばかりしていましたけど最近、無性に本が読みたくなって図書館で借りて来ました。 今読んでいるのは歴史関係の本が多いですね。 日本各地の地方単位での歴史を紹介した本とか、三国志の実際の歴史と物語としての脚色で変られた部分の違いを検証する本とかを今、喫茶店などで読んでいます。

ブログネタ: 今読んでいる本は何?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

本屋に行くのは好きですが...

 今日のテーマもココログのコネタマから選びます。 今回は「”書店” vs ”ネット”、あなたならどっちで本を買う?」にしました。 選択肢はもちろん①書店②ネット...なんですけど私の場合、実は選択肢に無い③の”本をしばらく買った事が無い”なのかも知れませんね。 本屋に行く事自体は好きで、よく本屋を覗いたりしますけど買う事はほとんど無いですね、お金も無いですし読みたい本があったら図書館にリクエストしていますから。 図書館だと話題の本は何ヶ月待ちとかになったりしますけど、別に流行を追い掛けている訳では無いですから...

ブログネタ: 「書店」vs「ネット」、あなたはどっちで本を買う?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

時代を超えて読み継がれる名著

 今日のテーマもココログのコネタマから選びます。 今回は「大人として読むべきオススメの本は?」にしました。 私の愛読書は『逆説の日本史』(井沢元彦さん・小学館)ですが、これは前にも書きましたので他はと言うと、結構定番ですけど『孫子』の兵法書ですね。 作者は紀元前の時代の人ながらも内容はシンプルで時代を超え、現代にも通じる事ばかりで私も現代語訳ながら読んで感心した事がありますよ。

ブログ学園

ブログネタ: 【ブログ学園】『大人として読むべきオススメの本は?』参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

逆説の日本史

コネタマ参加中: 今まで読んだ本の中で“賞”をあげたい一冊は?

 今日のテーマもココログのコネタマから「今まで読んだ本の中で”賞”をあげたい一冊は?」を選びました。 私が今まで読んだ本の中で一番良かったと思うのは小説ではありませんが『逆説の日本史』(井沢元彦さん・小学館)ですね。 元々歴史好きな私でしたが、今までの歴史観がこの本を読んで一気に変わりました。 まさに日本人の新しい歴史教科書です。 大阪に住んでいた学生時代に図書館で見掛けて読み、面白かったので図書館にあった全巻を借りて読みました。 連載は週刊誌で毎週続いており、褒められた話ではありませんが毎週立ち読みしています。 現在、連載は江戸時代の後半くらいに入っています。 今年中には幕末編に入りそうですね、楽しみです...

逆説の日本史1 古代黎明編/封印された「倭」の謎
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 7日 (火)

小説! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 小説!
「小説と聞いて今一番最初に思い出した小説は?」

 今日のテーマは小説ですか。 最近だと『ハリー・ポッター』シリーズを連想するところもありますが、個人的には『赤毛のアン』も捨て難いですね。 ちなみに赤毛のアンはアニメや映画、ドラマなど映像化されているのは1巻から3巻くらいまでで、原作は彼女の子供たちが成人する時代くらいまで続いていて確か9巻くらいまであったと思います。 アニメなどでファンになられた方は全巻読破に挑戦されてみては? 図書館とかで借りられますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

本! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 本!
「本と聞いて今一番最初に思い出したものは?」

 今日のテーマは”本!”ですか。 私は歴史好きなので本と言えばやはり歴史関係の本が多いですね。 第一は以前も書いたことがある『逆説の日本史』(井沢元彦さん・小学館)ですね。 そして一応全巻読破した事もある『三国志』(吉川英治さん版)でしょうか。 三国志関係は他にも色々読んでいますが。 それ以外ではプロ野球関係の著作を何冊か読んだ事があります。 有名な選手や指導者の自伝みたいなのが多いですね。 図書館には他にも色々読んでみたい本はあるのですがなかなかじっくりと読む時間が無いですね。 いつもその日の新聞各紙を読むだけで閉館時間になってしまっていますので...

| | コメント (0) | トラックバック (0)