« アクシデントデー | トップページ | 台風で大騒ぎ »

2017年9月13日 (水)

占いと医学

 先日、妹から「兄貴の事を占いで見て貰ったんだけど、ここ2年ほどの間に身体に異変があるかもと言ってた、腰が痛くなったらネットカフェのマッサージで済まさずにちゃんと医者の診断を受けるだって。」と言われ、そう聞くと気になって仕事してて腰に”違和感”や張りがあると腰痛やギックリ腰の前兆ではと不安になり、ついに医者に行く事にした。 ここは何年か前に交通事故で骨折した時に世話になった整形外科で、さすがに占いとは言い難いから腰の軽い痛みが気になって来たと言って見て貰った。 レントゲン検査の結果は椎間板の部分の軟骨が擦り減ってるので腰に痛みがあるのだろう、これが神経に当たると激痛と言う事になるのだけど。 リハビリテーションとして腰の牽引をしてみたらと言われ今後は時々、整形外科で上半身を下半身を引っ張る機械を10分ほど受ける事にしました。 引っ張ると言ってもそんなに強い力で引く訳ではありませんが...

|

« アクシデントデー | トップページ | 台風で大騒ぎ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/71766796

この記事へのトラックバック一覧です: 占いと医学:

« アクシデントデー | トップページ | 台風で大騒ぎ »