« ウサギとビニールテープ | トップページ | 歩行者の視点 »

2017年2月22日 (水)

アナログとデジタルの目覚まし

 今日は夜勤から帰った後、食事して風呂に入ってから就寝。 寝ている間、浅い眠りの中で「目覚ましが鳴らない?変だな...」と感じてましたが目を覚ますと普段より1時間30分も遅くなっている。 私は携帯電話のアラーム機能を使って目覚ましにしてますが一昨日、映画を見た時に昼間のアラームはオフにしていたのをすっかり忘れてました。 昨日は何故か早く目が覚めていたので気が付かなかった。 昔は大きな音を出す目覚まし時計を使ってましたが近所迷惑と言う事で使わなくなり、それに普通の目ざまし時計はスイッチを切るとそれで終わりですが、携帯のアラームなら5分おきに鳴り続けるなど機能が豊富で使い易いもので。 あまり店先で目覚まし時計を見掛ける事も無くなりましたが”最新型”の目覚まし時計は携帯電話より便利なのだろうか...

|

« ウサギとビニールテープ | トップページ | 歩行者の視点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/69706659

この記事へのトラックバック一覧です: アナログとデジタルの目覚まし:

« ウサギとビニールテープ | トップページ | 歩行者の視点 »