« 節分の遣り残し | トップページ | ヒーターも”腹八分目” »

2016年2月10日 (水)

”高級魚”の味

 昨晩の食卓に何やら見慣れない魚の塩焼きが置いてあったので、最初は父が釣りでもして獲って来たものかと思って母に聞くと高級魚のノドグロがスーパーで半額になっていたので試しにどんな味が確かめようと買って、我が家に持って来て焼いてから私にも少しお裾分けをと置いて行ってくれたらしい。 早速食べてみたが、確かに脂が乗っているのか見た目と違って塩焼きでもパサパサにならず、しっとり感があります。 煮付けでも美味しいけど塩焼きの方がシンプルで味の濃厚さも分かり易いとの事。 広島人には昔から山陰地方の名物として名前だけは知られていましたけど、以前プロテニスプレイヤーの錦織選手が”故郷の味”として海外の大会から日本に帰国したら食べに行きたいとコメントして全国的にも有名になり”ブランド力”も上がったみたいです。 確かに美味しかったけど母は「魚1匹の値段にしたら高い、同じ値段なら肉を買うよ。」と言ってましたが... 私も時々”高級魚”がデパートやスーパーで半額になっているのを見て買う事があります。 キンメダイとかマナガツオですけど、その時も母は「そんなに高い魚を...」と言っていたかな。

|

« 節分の遣り残し | トップページ | ヒーターも”腹八分目” »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/63904946

この記事へのトラックバック一覧です: ”高級魚”の味:

« 節分の遣り残し | トップページ | ヒーターも”腹八分目” »