« 〇万分の一の確率 | トップページ | 2千円の価格差 »

2015年10月 7日 (水)

耳障りな耳掻きの話

 今日は町内のドラッグストアに行った。 髭剃り用のシェービングクリームを切らしたからだが、ついでに切れている綿棒も買おうと思って。 子供の頃から耳掃除は普通の耳カキを使って来たが、綿棒の方が耳の中を傷付けなくて良いかなと思って。 綿棒は前に買ったのがドラッグストアのワゴンセールで買った物で、今回は久しぶりに普通の売場に来た訳だが、新製品が色々出ている様で、まず前から出ている化粧用の綿棒と、次に丸い球の部分が大きいシャワー用綿棒。 耳の穴に入った水を取り易い様になっている。 そして私が買ったのが耳掃除用の黒い綿棒、それも先の部分が普通の球では無く、お団子みたいな小さな球が3つになっているもの。 使ってみると確かにちょっと違う耳障りです。

|

« 〇万分の一の確率 | トップページ | 2千円の価格差 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/61975844

この記事へのトラックバック一覧です: 耳障りな耳掻きの話:

« 〇万分の一の確率 | トップページ | 2千円の価格差 »