« 残念な予定通り | トップページ | 世はまさに大草食時代 »

2012年3月 9日 (金)

傷跡の記憶

 夜、我が家に妹と来ていた姪っ子達がリビングで遊んでいたところ急に一人(姉の方)が大泣きし始めた。 何事かと思えば何かが額に当ったらしくてタンコブが出来ていた。 可哀想だけど目からは逸れているしキズは残らないみたいだから不幸中の幸い、あ女の子だし。 私は身体に3つの傷跡が残っている。 一つは子供時代に風呂場で転倒して顎の下を切ったもので、二つ目は同じく子供時代に家の前のガレージの屋根から落ちて額に小さなキズが残り、もう一つが大阪での専門学校時代に銭湯で長湯し過ぎて脱衣場に入った瞬間に上せて気絶し、ガラスを割って背中に付いた傷です。 男だけど目立つ場所じゃ無かったのが救いだったか...

|

« 残念な予定通り | トップページ | 世はまさに大草食時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/44446206

この記事へのトラックバック一覧です: 傷跡の記憶:

« 残念な予定通り | トップページ | 世はまさに大草食時代 »