« 給油のタイミング | トップページ | 自慢(?)の弁当屋 »

2012年3月15日 (木)

この物語はフィクションで...

 朝、夜勤から帰って食事をする時にちょうど時間が合うのでNHKの朝のドラマを毎日見ています。 最近は面白い作品が続いているので仕事の後の楽しみにもなっています。 『ゲゲゲの女房』は元々漫画が好きなので面白かったし、『てっぱん』は尾道も舞台の”ご当地”だったし『おひさま』も激動のストーリーが良かったけど終盤、夫が戦争から帰って来てから先はちょっと物語が平坦過ぎて間延びしてしまったかなと思っていました。 そして今の『カーネーション』も面白いですね。 今日聞いた話では劇中に登場するヒロインの孫(長女の娘)が親に反発してヤンキーをやっていると言う設定は脚色で実在のモデルとは違うそうです。 そう言えばモデルが誰なのか分かっているのにあえて名前は変えていましたからね。

|

« 給油のタイミング | トップページ | 自慢(?)の弁当屋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/44508617

この記事へのトラックバック一覧です: この物語はフィクションで...:

« 給油のタイミング | トップページ | 自慢(?)の弁当屋 »