« アイスクリームが決め手です | トップページ | 激動の一週間の静かな最終日 »

2008年3月22日 (土)

十年ぶりの京都

 関西旅行の最終日は京都に行った。 宿泊(?)していたネットカフェの清算を済ませ、大阪駅に移動してそこでコインロッカーに荷物を預けた。 そして『青春18切符』にスタンプを押してもらって新快速電車に乗り込んで30分で京都に着いた。 京都駅の周辺案内板を見ると清水寺が駅から近そうに見えるので行ってみる事にした。 私は駅からひたすら山の方に向かって歩き、そしてしばらく歩いていると橋が見え、大きな川に着いた。 携帯電話のナビ機能で検索したところ、ここが鴨川らしい。Kamogawa

 鴨川を越え、更に歩くと『三十三間堂』に来た。 私は入口まで行ってみたが、拝観料が600円も掛かるので入るのは止めた。 かつて十年ほど前に旅行で京都に来た時にここに来た記憶がありますし、良くも悪くも当時と変わっていないと思いますから。 しばらく歩くとスーパーがあり、私は京都の人がどんな物を買っているのか興味があって入ってしまう。 特に変わった物は無かったが、地元産の野菜とかがあったのには興味を引かれましたが。 その後、しばらく歩いてやっと清水寺への参道に来た。 それにしても土曜日とは言え人が一杯だな...Kiyomizudera1

 清水寺は人が一杯だった。 ここもかつて来た事があるのだが、拝観料が300円なのでつい入ってしまった。 有名な清水の舞台にも立ってみたが、見た事はある景色とは言ってもやはり京都の街を見下ろす大した絶景だった。 続いて清水の舞台の下にあるひしゃくで水を汲んで飲むところにも行ったが人が多過ぎて並ぶ羽目になってしまった...

               noodle

 その後、近くの六波羅蜜寺に立ち寄り、そのまま京都タワーを目印に 京都駅に戻るのだが、一つだけ心残りなのは元祖『餃子の王将』に行くつもりが店を見付けられなかった事だった。 いよいよ駅が見え、縁が無かったと思ったその時、西本願寺のお向かいにあった王将を見つけ、そこで私は餃子を食べた。 そして京都駅ビルで地酒などを買い、かなり満足して大阪に戻る。 後は大阪駅で荷物を回収して広島に帰るだけだ...

|

« アイスクリームが決め手です | トップページ | 激動の一週間の静かな最終日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/11719623

この記事へのトラックバック一覧です: 十年ぶりの京都:

« アイスクリームが決め手です | トップページ | 激動の一週間の静かな最終日 »