« 秋風と秋の風邪 | トップページ | 冬支度 »

2007年11月19日 (月)

お祭りと待望のうどん

 今日は昼から広島の街に出かける。 横川駅で電車を降り、そこから川べりの道を歩いて広島城を通って市内中心部へ。 街では広島に冬の始まりを告げる祭り『えびす講』が行われており、商売繁盛を祈願する熊手を売る店が沢山並んでいたが、私は今のところ商売をしている訳では無いので買わなかった。 たまたま近くを通ったカップルが興味本位で熊手の値段を聞いていたのが聞こえ、一番安い物で一本3000だと聞こえたから益々買う気が無くなった。

 お祭りと言えば買い食いが楽しみなのだが、露店の数は多くても売っている物は皆似たり寄ったりだったので思わず興味を持って食べてしまう物が少なかった。 今回食べたのは200円の『箸巻き』と言うお好み焼きに似た食べ物くらいか。 それでも露店で焼かれている焼き鳥や豚バラ串などの匂いはたまらないけど、でも買わない。 飲みたくなってしまうが夜には仕事もあるので... 日曜日に来れば良かったのかも知れないが昨日はサッカーに行っていたので。

 今日、どうしても食べたかったのは映画『UDON』を見てから無性に食べたかった讃岐うどんで、市内にあるうどんの店に行ってみて『温玉ぶっかけ』を食べたけど感動する程美味しいとは思えなかった。 やはり本場とは似て非なるものなのだろう。 いつか本物も食べてみたいけど、車が無いので駅から離れた店は行くのが大変だ。 もっとも車を持っていても住宅街の小さな店には駐車場など無いらしいが...

|

« 秋風と秋の風邪 | トップページ | 冬支度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457025/9005824

この記事へのトラックバック一覧です: お祭りと待望のうどん:

« 秋風と秋の風邪 | トップページ | 冬支度 »